CFDの特徴であり、魅力でもあるレバレッジ。これは、業者に支払った証拠金の額に対し、何倍の金額で取引出来るかを示したもので、業者によってその範囲は様々でしょう。中には、1倍〜000円00倍まで可能な業者もあり、自分に合った倍率を選んで取引する事が可能のです。具体的には、一例として、10万円の証拠金で1ドル100円のドルを買ったとしますね。仮に、10倍のレバレッジを掛けた場合、取引金額は1万ドル、すなわち、100万円のです。20倍なら、取引額は2万ドルの200万円、100倍ならば10万ドルの1,000万円にもなります。ここで、1円の円安になったとしてくださいね。10倍のレバレッジなら、1万ドル×1円で10000円の利益が出ますね。20倍なら2万円、100倍ならば10万円くれるでしょう。CFDは差金決済取引ですので、あなたは取引額である100万円や200万円、1,000万円を払い込むことなく、証拠金の10万円のみで、この利益が得られるでしょう。これがレバレッジの効果んですよ。逆に、1円の円高におちいった場合には、これとは逆のことが起きてしまいますね。証拠金は10万円ですから、一瞬でこの金額が吹っ飛んでしまいますよね。CFDは高レバレッジを活用することで、短期間で大きな利益を上げられるところが魅力の一つでしょうが、短期間で多額の財産を失う恐れも十分によくあるのです。リスク管理を徹底できない場合には、CFD取引には手を出さない方が無難と言えますー